センターからのお知らせ

【ご来館に際してのお願い】
ご来館に際し、下記に該当される方は入館をご遠慮いただきますよう、お願いいた します。
・マスクを着用されていない方
・発熱、咳(せき)、くしゃみ、鼻水など、風邪の症状のある方
・身近に新型コロナウイルス感染者のある方、または疑いのある方(完治された方 を除く)
・体調のすぐれない方

団体でのご来館につきましては事前に相談いただけますでしょうか。
皆さまのご来館を職員一同お待ちしております。

【Senhores visitantes】
Solicitamos que evitem entrar neste prédio as pessoas que se enquadrarem em algum dos itens abaixo.

  • Não está usando máscara.
  • Está com sintomas de resfriado, como febre, tosse, espirros, e coriza nasal.
  • Alguém próximo está infectado com o coronavírus, ou há suspeita de estar infectado.
  • (Excluindo pessoas que já foram curadas.)
  • Não está se sentindo bem.
Museu da Emigração e Centro de Intercâmbio Cultural de Kobe

【2022年度 休館日のお知らせ】
休館日は毎週月曜日(祝日の場合は翌日)と、年末年始(12月29日から1月3日)となります。
ご注意ください。
詳しくはリンク先のカレンダーをご覧下さい。
【Aviso dos dias em que o museu est? fechado】
Favor olhar o calend?rio vinculado

【移住ミュージアム 3か国語ガイダンス導入】
2021年8月3日より、日本語・英語。ポルトガル語による3か国語ガイダンスのシス
テムを導入いたしました。
スマートフォンからQRコードを読み込むと、音声と文字でガイダンスを無料で視
聴いただけます。
お手持ちのイヤフォンを装着してお楽しみください。
なお、通信料金はお客様のご負担となります。

【公式インスタグラムを開設致しました。】
海外移住と文化の交流センター 公式インスタグラム

「QRコードは㈱デンソーウェーブの登録商標です。」


【モバイルバッテリーシェアリングサービス「Charge SPOT」の設置について】
神戸への観光客など来街者や市民のみなさんが、外出時にスマホのバッテリーが切
れてしまった時に、充電器やコードを持っていなくても、最寄りのチャージスポッ
トで持ち運び可能な スマホ充電器を借りて(有料)、別のチャージスポットに返却
できるモバイルバッテリーシェアリングサービス機器を館内に設置いたしました。

使い方や利用料金等についてはこちらをご覧ください。

【AED(自動体外式除細動器)設置について】
センター1階のエントランスホールにAEDを設置し、神戸市中央消防署より
「まちかど救急ステーション」の標章を交付いただきました。
AEDの使用可能時間は「9時~22時」です。(休館日である月曜日、年末年始を除く)
まちかど救急ステーションとは
http://www.city.kobe.lg.jp/safety/fire/ambulance/matiq.html

過去のお知らせ

ニュース

神戸新聞の「坂を下って」というコラムに連載いただきました。
(1)海外移住と文化の交流センター
https://www.kobe-np.co.jp/news/monthly/news/chuo/202007/0013559595.shtml

(2)移民1世・長谷川さん
https://www.kobe-np.co.jp/news/monthly/news/chuo/202008/0013561798.shtml

(3)日伯協会・出石さん
https://www.kobe-np.co.jp/news/monthly/news/chuo/202008/0013570894.shtml

(4)鈴木貞次郎回想録
https://www.kobe-np.co.jp/news/monthly/news/chuo/202008/0013574089.shtml

(5)CBK理事長の松原マリナさん
https://www.kobe-np.co.jp/news/monthly/news/chuo/202008/0013579180.shtml

2020年11月20日(金)
エドゥアルド・パエス・サボイア駐日ブラジル連邦共和国特命全権大使ご来館
駐日ブラジル大使館Facebook

「神戸公式観光サイトFeel KOBE」にて紹介いただきました
移民が取り持つブラジルとの縁「神戸市立海外移住と文化の交流センター」
https://www.feel-kobe.jp/column/coffeetownkobe.html#midashi2

クイック・ジャパン ウェブ様のホームページにて紹介いただきました。
「その女、ジルバ」から見る日本ブラジル交流史。帰国者が語る<ブラジル移民の実情> https://qjweb.jp/column/47682/

2021年8月10日(火)
コープこうべの情報誌「ステーション9月号」の建物がたりにて紹介いただきました。

2021年12月11日(土)
テレビ大阪の「おとな旅あるき旅」にて紹介いただきました。
https://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/onair/2046085_6111.html

2022年3月18日(金)
神戸新聞の「HYOGO ODEKAKE PLUS+」欄にて紹介いただきました。
https://www.kobe-np.co.jp/news/odekake-plus/news/detail.shtml?news/odekake-plus/news/pickup/202203/15144066

2022年4月22日(金)
朝日新聞にて紹介いただきました。
神戸からブラジルへ、移民の歩み伝える花「イペ」元町で見頃迎える https://www.asahi.com/articles/ASQ4P6W0JQ4NPIHB01Y.html

過去のニュース

イベント情報

【 日伯協会 イベント 】
移住ミュージアム 2022年度前期企画展
「ブラジルと日本 漫画界の巨匠 友情は時空を越えて」

開催期間:2022年6月25日(土)~8月28日(日)
場  所:当センター 1階特別展示室 入場無料
内  容:ブラジルと日本の漫画界の巨匠、マウリシオ・デ・ソウザと手塚治虫を中心に、
     日伯交流と多文化共生をテーマに2部構成としています。
     [第1部]:昨年3月に駐日ブラジル大使館にて開催された展覧会の巡回展。
           マウリシオ・デ・ソウザと手塚治虫との出会いから交流、
           そして深い友情を紹介。
     [第2部]:マウリシオが、日本に移住して言葉や文化の壁を越えようと努力する
           外国人の子どもたちを応援してきた経緯や成果を紹介。
URL :http://www.nippaku-k.or.jp/news/index.html

問合せ :一般財団法人日伯協会(TEL/FAX:078-230-2891)
     URL http://www.nippaku-k.or.jp/

【 CBKイベント 】
第13回ブラジル・日本の子どもの絵の交流展
開催日:8月3日(水)~12月28日(水)10:00~17:00
場 所:当センター 2階多目的室 、入場無料
画 像:日本語 Japonês(Jpeg 957KB)、ポルトガル語 Português(Jpeg 1,011KB)

問合せ:NPO法人関西ブラジル人コミュニティCBK(TEL:078-222-5350)
URL:http://kobe-cbk.server-shared.com/

【 CAP KOBE STUDIO Y3 イベント 】
柴田精一個展「手の意思」
切紙の作品「紋切重(もんきりかさね)」、を88点、切紙を型紙にしたペインティングの新作などを展示します。紋切重を制作することで見いだされた「手の意思」が展覧会のテーマです。(柴田精一)
開催日:8月7日(日)~28日(日)10:00~19:00
場 所:当センター KOBE STUDIO Y3 ( 4F ギャラリー)
主 催:C.A.P.
URL: https://cap-kobe.com/kobe-studio-y3/blog/2022/07/09/22080728/
<関連イベント>
8月7(日)、11(木祝)「公開制作」
両日とも10:30~13:00,14:00~16:30/時間内はいつでもご覧いただけます。

===C.A.P.×神戸芸術工科大学交流イベント===
アート・クラフト学科 ドローイング授業履修生 共同制作作品展「混沌と対話」
学部1年対象のドローイング授業では毎年様々なテーマで共同制作を行なっています。本年度はコロナ禍やウクライナ侵攻また震災復興など現在の混沌とした世界の様子やそれにまつわる情報社会について、今を生きる学生達の思いを横長の画面に木炭で描いてイメージを定着する共同制作を行いました。是非、ご高覧ください。
開催日:8月5日(金)~21日(日)10:00~19:00(最終日は17時まで)
場 所:当センター KOBE STUDIO Y3 ( 3F ギャラリー)
主 催:C.A.P.
URL:https://cap-kobe.com/kobe-studio-y3/blog/2022/07/09/220805/

< 8月 イベント>
■ 13(土)プラモ部
今月でプラモ部は、2008年8月開始から14年目を迎えました。こんなに長く続けられたのは、暖かく見守ってくれた皆さんのお陰です。これから先もゆるく長くY3で活動しますので、よろしくお願いします。現在、写真のプラモ(屋形舟)を制作中!11月の神戸文化祭までには完成するよう頑張ります!プラモ部は初心者歓迎です。
13:00~17:00/講師:トミー先生/参加費:無料/持ち物:作りたいプラモ

■ 14(日)別館 築山有城~つくりたいものがあるんだ~
灘区にある商店街について書かれた本「水道筋読本」を読みました。私が生まれ育った地元にある商店街が今も存続していることにあらためて感謝しつつ、執筆された方々それぞれの視点や思い出が綴られており、読了感は郷愁そのものでした。最近、ものごとに永遠はなく、無くなったり変わっていったりするのが当然なのだとよく聞くので、今月の別館築山有城はいつもより一週早い第二日曜日に行います。フィンランドから来日中のビデオカフェのメンバーにも会えると思いますよ!お待ちしております。
11:00~18:00/マスター:築山有城(彫刻家)/参加費:500円(ワンドリンク付き)

■20(土)破墨プロジェクトStudyシリーズ.13「芸術資源って何?」【要予約】
昨今、「芸術資源」「文化芸術資源」といった言葉を目にする機会が増えてきました。これらは、既存の芸術作品の概念とどういった違いがあるのでしょう?なぜ「芸術資源」に注目が集まっているのか、「芸術資源」によってどんな展望が開けるのか。京都市立芸術大学に設置された「芸術資源研究センター」の取り組みなどを紹介しながら、検討していきます。
10:30〜12:00/講師:はがみちこ(アート・メディエーター、京都市立芸術大学芸術資源研究センター非常勤研究員)/参加費:1,000円 *8月18日(木)までにご要予約ください

その他アートをめぐる色々なプログラムを用意しています。
詳細は、C.A.P.(芸術と計画会議)(TEL : 078-222-1003)
E-mail:info@cap-kobe.com  URL https://www.cap-kobe.com/kobe_studio_y3/

※いずれも、詳細は開催団体のHPでご確認ください。

※なお、当センターは月曜日が休館日となっています。
(月曜日が祝祭日の場合は火曜日が休み)

過去のイベント