センターからのお知らせ

【ご来館に際してのお願い】
ご来館に際し、下記に該当される方は入館をご遠慮いただきますよう、お願いいた します。
・マスクを着用されていない方
・発熱、咳(せき)、くしゃみ、鼻水など、風邪の症状のある方
・身近に新型コロナウイルス感染者のある方、または疑いのある方(完治された方 を除く)
・体調のすぐれない方

団体でのご来館につきましては事前に相談いただけますでしょうか。
皆さまのご来館を職員一同お待ちしております。

【Senhores visitantes】
Solicitamos que evitem entrar neste prédio as pessoas que se enquadrarem em algum dos itens abaixo.

  • Não está usando máscara.
  • Está com sintomas de resfriado, como febre, tosse, espirros, e coriza nasal.
  • Alguém próximo está infectado com o coronavírus, ou há suspeita de estar infectado.
  • (Excluindo pessoas que já foram curadas.)
  • Não está se sentindo bem.
Museu da Emigração e Centro de Intercâmbio Cultural de Kobe

【2022年度 休館日のお知らせ】
休館日は毎週月曜日(祝日の場合は翌日)と、年末年始(12月29日から1月3日)となります。
ご注意ください。
詳しくはリンク先のカレンダーをご覧下さい。
【Aviso dos dias em que o museu est? fechado】
Favor olhar o calend?rio vinculado

【移住ミュージアム 3か国語ガイダンス導入】
2021年8月3日より、日本語・英語。ポルトガル語による3か国語ガイダンスのシス
テムを導入いたしました。
スマートフォンからQRコードを読み込むと、音声と文字でガイダンスを無料で視
聴いただけます。
お手持ちのイヤフォンを装着してお楽しみください。
なお、通信料金はお客様のご負担となります。

【公式インスタグラムを開設致しました。】
海外移住と文化の交流センター 公式インスタグラム

「QRコードは㈱デンソーウェーブの登録商標です。」


【モバイルバッテリーシェアリングサービス「Charge SPOT」の設置について】
神戸への観光客など来街者や市民のみなさんが、外出時にスマホのバッテリーが切
れてしまった時に、充電器やコードを持っていなくても、最寄りのチャージスポッ
トで持ち運び可能な スマホ充電器を借りて(有料)、別のチャージスポットに返却
できるモバイルバッテリーシェアリングサービス機器を館内に設置いたしました。

使い方や利用料金等についてはこちらをご覧ください。

【AED(自動体外式除細動器)設置について】
センター1階のエントランスホールにAEDを設置し、神戸市中央消防署より
「まちかど救急ステーション」の標章を交付いただきました。
AEDの使用可能時間は「9時~22時」です。(休館日である月曜日、年末年始を除く)
まちかど救急ステーションとは
http://www.city.kobe.lg.jp/safety/fire/ambulance/matiq.html

過去のお知らせ

ニュース

神戸新聞の「坂を下って」というコラムに連載いただきました。
(1)海外移住と文化の交流センター
https://www.kobe-np.co.jp/news/monthly/news/chuo/202007/0013559595.shtml

(2)移民1世・長谷川さん
https://www.kobe-np.co.jp/news/monthly/news/chuo/202008/0013561798.shtml

(3)日伯協会・出石さん
https://www.kobe-np.co.jp/news/monthly/news/chuo/202008/0013570894.shtml

(4)鈴木貞次郎回想録
https://www.kobe-np.co.jp/news/monthly/news/chuo/202008/0013574089.shtml

(5)CBK理事長の松原マリナさん
https://www.kobe-np.co.jp/news/monthly/news/chuo/202008/0013579180.shtml

2020年11月20日(金)
エドゥアルド・パエス・サボイア駐日ブラジル連邦共和国特命全権大使ご来館
駐日ブラジル大使館Facebook

「神戸公式観光サイトFeel KOBE」にて紹介いただきました
移民が取り持つブラジルとの縁「神戸市立海外移住と文化の交流センター」
https://www.feel-kobe.jp/column/coffeetownkobe.html#midashi2

クイック・ジャパン ウェブ様のホームページにて紹介いただきました。
「その女、ジルバ」から見る日本ブラジル交流史。帰国者が語る<ブラジル移民の実情> https://qjweb.jp/column/47682/

2021年8月10日(火)
コープこうべの情報誌「ステーション9月号」の建物がたりにて紹介いただきました。

2021年12月11日(土)
テレビ大阪の「おとな旅あるき旅」にて紹介いただきました。
https://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/onair/2046085_6111.html

2022年3月18日(金)
神戸新聞の「HYOGO ODEKAKE PLUS+」欄にて紹介いただきました。
https://www.kobe-np.co.jp/news/odekake-plus/news/detail.shtml?news/odekake-plus/news/pickup/202203/15144066

2022年4月22日(金)
朝日新聞にて紹介いただきました。
神戸からブラジルへ、移民の歩み伝える花「イペ」元町で見頃迎える https://www.asahi.com/articles/ASQ4P6W0JQ4NPIHB01Y.html

過去のニュース

イベント情報

【 日伯協会 イベント 】
移住ミュージアム 2022年度後期企画展
食料生産世界一に挑戦 日系人が導いた「農業大国ブラジル」
開催期間:2022年10月22日(土)~12月25日(日)
場  所:当センター 1階特別展示室 入場無料
内  容:世界的な食糧危機の中、食料供給国としてのブラジルの役割は大きい。
     ブラジルを農業大国に押し上げた日本移民の硬券とともに紹介する。
URL :http://www.nippaku-k.or.jp/news/index.html

問合せ :一般財団法人日伯協会(TEL/FAX:078-230-2891)
     URL http://www.nippaku-k.or.jp/

【 CBKイベント 】
第13回ブラジル・日本の子どもの絵の交流展
ブラジルと日本の子どもたちの友情を深めるために開催しています。今年のテーマは「私の町」です。約300点の作品が届きました。
開催日:8月3日(水)~12月28日(水)10:00~17:00
場 所:当センター 2階多目的室 、入場無料
画 像:日本語 Japonês(Jpeg 957KB)、ポルトガル語 Português(Jpeg 1,011KB)

CBK設立23周年記念展示会
写真と、新聞報道を11種類のカテゴリー別にまとめて展示。
23年間にわたる在住外国人支援・交流活動の経緯と成果をまとめている。
開催日:9月1日(木)~12月28日(水) 10:00~17:00
場 所:当センター 2階多目的室 、入場無料

第3回子ども交流音楽 【要予約】
ブラジル・フィリピン・モンゴルの子どもたちが、それぞれの国の踊りと音楽を紹介します。
開催日:10月15日(土) 14:00~16:00
場 所:当センター5階ホール、入場無料
画 像:日本語 Japonês(Jpeg 307KB)、ポルトガル語 Português(Jpeg 309KB)
*入場申し込みが必要です。メールまたはお電話にて。
E-mail:cbk.bras.01@tiara.ocn.ne.jp

問合せ:NPO法人関西ブラジル人コミュニティCBK(TEL:078-222-5350)
URL:http://kobe-cbk.server-shared.com/

【 CAP KOBE STUDIO Y3 イベント 】
Katrin von Maltzahn・David Atwood 二人展「OUTSIDE THE STUDIO」
ベルリン在住のカトリンと長崎在住のデイビッドは、2019年にY3で出会い、交流を続けてきました。カトリンは来日時の体験をもとに「JAPAN GUIDE」というアートブックを出版。今回、灘の古本屋ワールドエンズ・ガーデンで出版記念トークも行います。そんな彼らの二人展です。
開催日:10月1日(土)~30日(日)10:00~19:00
場 所:当センター KOBE STUDIO Y3 (4F ギャラリー)
主 催:C.A.P.
URL:https://cap-kobe.com/kobe-studio-y3/blog/2022/09/14/221001outsidethestudio/
<関連イベント> 10月2日(日)「ギャラリートーク」
15:00〜/参加費:無料

< 10月 イベント>
■ 8(土)プラモ部
本年8月に、香川のロックフェスに参加してきました!3年ぶりの野外フェス参加だったのですが、楽しめました。しかし、自身の体力の衰えを感じる夏でした。プラモ部は初心者歓迎です。
13:00~17:00/講師:トミー先生/参加費:無料/持ち物:作りたいプラモ

■ 16(日)別館 築山有城~つくりたいものがあるんだ~
六甲山上で話題沸騰中の作品Fungi Luciferinですが、当初はY3の工作棟で全てつくる予定でした。作品素材である車種が決まった後に工作棟出入口の寸法を測ったところ、「なんかギリギリ入らない…」ということが判明しました。頭を抱えていたところを助けてくれたのが、サポーティングメンバーのJUN TAMBA(彫刻家)さんです。淡路島の育波にある旧鉄工所を再生させてIKUHARTという工房を運営されているので、そこで自動車部分をつくらせていただいたのです!というわけでキノコ部分を制作した工作棟木工室にはまた木の廃材がたくさんありますので、みなさん活用してください。
11:00~18:00/マスター:築山有城(彫刻家)/参加費:500円(ワンドリンク付き)

■30(日)破墨プロジェクトStudyシリーズ14「展覧会とカタログ−残す「部分」と想像力」 【要予約】
【要予約】 黒部市美術館の展覧会のうち、パフォーマンス的な要素や、プロジェクト的な要素が含まれたインスタレーション作品についての実践を紹介します。とはいえ、地方の小さな美術館の予算では実現できない部分も多く、また、展覧会カタログの意図や目的の設定方法は様々なので、あり得たかも知れない可能性を他館のカタログからも見出してみたいと思います。そのような中で様々な意見の交換や思考の循環が生まれる契機となれば幸いです。
10:30〜12:00/講師:尺戸智佳子(黒部市美術館学芸員)/参加費:1,000円
*10月28日(金)までにご予約ください

その他アートをめぐる色々なプログラムを用意しています。
詳細は、C.A.P.(芸術と計画会議)(TEL : 078-222-1003)
E-mail:info@cap-kobe.com  URL https://www.cap-kobe.com/kobe_studio_y3/

※いずれも、詳細は開催団体のHPでご確認ください。

※なお、当センターは月曜日が休館日となっています。
(月曜日が祝祭日の場合は火曜日が休み)

過去のイベント